イソフラボンの過剰摂取と副作用

病院などで処方された薬を飲む場合、医師から教えられた飲むタイミングや量を守るのが普通です。
それを守らなければ、効果が表れない、または過剰摂取による副作用を招く危険性もあります。
「度が過ぎる」と害になるのは薬だけではありませんが、私たちの健康をサポートする筈のサプリメントですら、そういった危険を招く可能性もあるのです。
どうしてでしょうか。

サプリメントは食生活で摂取しきれない特定の栄養分などを補うためにあるものです。
また、美容面を目的としても用いられます。
サプリメントは一見大量に飲んでも害がなさそうですが、イソフラボンのように、過剰摂取には気を付けなければならない成分がいくつかあります。

イソフラボンは納豆や豆腐等に含まれる私達にはなじみの深い栄養分です。
イソフラボンは女性ホルモンの働きを助け、様々な病気を防ぐ効果が期待できます。
しかし、女性ホルモンの働きをするため、大量に摂取すると胃腸機能の悪化や神経の障害などを招く可能性もあります。
また、妊婦の摂取は胎児や子供への影響があるため、サプリメントの服用は推奨されていません。
薬ではないから大丈夫、と考えるのではなく、適量、適切な使用法http://www.indieking.com/seijinnjyosei.htmlを守りましょう。